中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

特集

 

特集

4月6日から春の交通安全運動を展開

愛知県の交通事故死者数は、五年連続で全国ワーストワンの汚名を返上してきたが、今年に入り死者数が昨年を上回るペースで推移しており厳しい状況が続いている。3月14日現在(暫定数)では、愛知県が全国ワースト2位となっており、1位の千葉県とは僅差となっている。この時期は気候も良くなり外出する機会が増え事故の危険性も高まる。死者数が高いレベルで推移している中で、今年も汚名を阻止するためにも、自動車業界が一丸となって交通事故の防止に力を入れる。(写真=昨年春の交通安全運動出発式)

(全文は整備新聞 令和6年3月25日号:4面に掲載)

お悔やみ三重県自動車整備振興会鈴鹿自動車整備組合・齊藤貢氏死去前のページ

JAF愛知・サービスエリアなどでご当地パン総選挙次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振が創立70周年記念誌を作成

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は「創立70周年記念誌」を作成し…

  2. 整備関係

    電子制御整備認証、経過措置残り1年切る中で、中部の取得率62%

    令和5年度に入り、電子制御装置整備認証の取得ペースが加速するかどうか注…

  3. 整備関係

    日整連が点検促進に活用するスローガン募集

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、毎年9月1日から…

  4. 整備関係

    車輪脱落防止へ新点検方法導入

    近年、大型車の車輪脱落事故件数が増加していることを踏まえ、国土交通省は…

  5. 整備関係

    鈴鹿自動車組合が消防署で点検教室を開催46人が参加

    鈴鹿自動車整備組合(平田靖典 理事長)は三重県自動車整備振興会…

  6. 整備関係

    愛整振・春日井支部が総会で点検教室を計画、栗林支部長を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の春日井支部(川上健治…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP