中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の検査場・ロービーム計測の対応で整備・調整を呼びかけ

中部地区の検査場では8月1日から、ヘッドライトテスタの審査が「すれ違い用前照灯(ロービーム)」に完全移行することを踏まえ、中部運輸局、自動車技術総合機構中部検査部、軽自動車検査協会愛知主管事務所ではポスターの掲示やチラシ(写真)を配布しながら、利用者に注意を促している。中部の検査場では、平成10年9月1日以降に制作された自動車(トレーラー等を除く)については、8月1日からはロービーム測定のみとなる。検査場での審査手順は、対象車両はすべての入場回において、すれ違い用前照灯のみでの計測を行うこととし、2回目以降に入場した場合においても「ハイビームでの計測は行わない」としている。

(全文は整備新聞 令和6年6月25日号:1面に掲載)

愛整振・総会で整備技術力の一層の強化を強調前のページ

7月11日から愛知で夏の交通安全県民運動を展開次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重支局・自販協が優良事業者などを表彰

    三重運輸支局・三重県自動車販売協会・同自動車販売店交通安全対策…

  2. 整備関係

    名張自動車整備組合がケーブルTVで点検をPR

    名張自動車整備組合(山﨑正成 組合長)では、地元のケーブルTV…

  3. 整備関係

    NGK・「ニテラ」ブランドで今期もモータースポーツに協賛

    日本特殊陶業(本社・名古屋市、川合尊社長)は、2024年シーズンのSU…

  4. 整備関係

    田中秀一・軽検査協愛知主管事務所長の就任インタビュー

    4月1日付で、軽自動車検査協会愛知主管事務所長に前中部運輸局自…

  5. 整備関係

    福井整振・専業・事業合同会議でOBDの意見交換など

    福井県自動車整備振興会(田中森 会長)は1月23日、福井県自動…

  6. 整備関係

    岐阜整振で特定整備の説明会を5月に13回開催

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)の指定部会(遠藤太桂康委…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP