中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

岐阜車協青年部会がエーミングの検証会を開く

車体整備業界で先進安全自動車対応の修理技術強化が求められる中、岐阜県自動車車体整備協同組合の青年部会(松本悟部会長)は8月30日、エーミング作業の検証会(写真)を、WEB会議システム(ズーム)を使って行った。新型コロナウイルス感染防止に対応した研修会で、同青年部会として初の取り組み。青年部会員のほか、組合員、賛助会員合わせて22社が参加。このうち4社が、高山市の中井自動車の工場で約2時間、エーミング作業を行い、それをネット配信し参加者間で意見交換も行った。

(全文は整備新聞 令和2年9月10日号:3面に掲載)

新明工業がティフ認証を取得、より高度な車体修理技術に対応前のページ

JU愛知が青年部担当AAで初出品特別企画次のページ

関連記事

  1. 車体関係

    車体整備関係

    中部5県車協総会・特定整備対応など計画

    中部各県の自動車車体整備協同組合は、5月下旬から6月上旬にかけて通常総…

  2. 整備関係

    機械工具のイヤサカがエーミング装置など内覧会を開く

    大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義社長)の名古屋支店(蓮池直彦…

  3. 整備関係

    整備関係

    岐阜整振の特定整備説明会、予想以上の700人が参加

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)はこのほど、「特定整備」の説明会…

  4. 車体関係

    車体整備関係

    テュフ認証でクラシックカー修理に保険適用

    品質や安全などの監査・認定サービスを行うテュフラインランドジャパン(横…

  5. 車体関係

    車体整備関係

    愛車協の組合員2社が特定整備の新認証看板

    特定整備認証の取得を積極的に進める愛知県自動車車体整備協同組合で、4月…

  6. 特集

    特集

    シリーズ特定整備:新制度が命運分ける車体整備業界

    4月からスタートする特定整備制度の影響を最も大きく受けるのは車体整備業…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. 車体関係
PAGE TOP