中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

岐阜車協・保険金で産廃処理費の支払い問題「裁判で決着」の考え固める

廃部品などの産業廃棄物を適正処理する環境保全に取り組む岐阜県自動車車体整備協同組合(平野将告理事長)は、「保険金における産業廃棄物処理費の支払い拒否」の是非について、裁判所に判断を求める考えを固めた。直接業務を行う組合員名(複数)をもって、近く訴状を提出する。車体整備組合が産廃処理費の保険金支払いを巡って法的対抗の強硬策に出るのは全国で初めてで、支払いを拒否し続ける損保の姿勢に一石を投じることになりそうだ。

(全文は整備新聞 令和3年3月10日号:3面に掲載)

車体関係テュフジャパンが板金塗装の技術者育成トレーニング認定を開始前のページ

愛車協・理事会で金原理事長の続投を支持次のページ

関連記事

  1. 車体関係

    車体整備関係

    日産ディーラー内製工場が初めてテュフのプラチナを取得

    車体整備などの監査・認定サービスを行うテュフラインランドジャパン(横浜…

  2. 車体整備関係

    中部車恊連、特定整備への対応など情報交換

    中部5県の車体整備協同組合で構成する中部地区自動車車体整備協同…

  3. 車体整備関係

    中部車恊連が特定整備への対応など情報交換

    中部5県の車体整備協同組合で構成する中部地区自動車車体整備協同…

  4. 車体整備関係

    岐阜車恊・高度化講習会に組合員28人が参加

    岐阜県自動車車体整備協同組合(平野将告理事長)は11月21日、岐阜市江…

  5. 車体関係

    車体整備関係

    特定整備認証取得が中部でまだ1割にとどまる

    今年度から特定整備制度がスタートし、車体整備事業も電子制御装置整備の認…

  6. 車体関係

    車体整備関係

    日車恊連・総会で小倉会長を再選、特定整備など柱に事業計画

    日本自動車車体整備協同組合連合会(日車協連、小倉龍一会長)は6月15日…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP