中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JATMA・タイヤの点検で不良率が34パーセント

日本自動車タイヤ協会(JATMA)はこのほど、昨年1年間に全国で5回行った路上タイヤ点検の結果をまとめた。毎年、各地の警察、運輸支局、高速道路会社、自動車関係団体と協力して実施しているが、昨年は新型コロナウイルス感染症の影響により、例年に比べて点検回数と点検台数が大幅に減少したため、対前年比閣は行わなかった。

昨年のタイヤ点検を行った車両は、高速道路で26台、一般道路で180台の合計206台。その結果、タイヤに整備不良があった車両は70台、不良率は34・0%。道路別に見ると、高速道路上では42・3%、一般道路上では32・8%という結果になった。

(全文は整備新聞 令和3年2月25日号:3面に掲載)

USS名古屋がデジタル出品票の導入へ前のページ

愛整振・整備賠償共済保険の加入促進に注力次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備技術の高度化を:田中森・福井整振会長

    新年明けましておめでとうございます。【中 略】整備業界におきましては、…

  2. 整備関係

    愛整振・指定6Bが総会で研修事業などの計画を決める

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の指定第6ブロック(西・…

  3. 整備関係

    整備技術を一層強化:川村保憲・愛整振会長

    令和3年の年頭に当たり一言ご挨拶申し上げます。昨年は、我が国においても…

  4. 整備関係

    JAF中部本部が観光施設への誘客アプリで支援展開

    「久々の外食はホテルレストラン」でと、日本自動車連盟(JAF)中部本部…

  5. 整備関係

    USS名古屋が初荷AAでイベント企画など各種プレゼント

    ユー・エス・エス(USS・瀬田大社長)は東海市の名古屋会場で1…

  6. 整備関係

    岐阜でクルマの児童画作品展を開く

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は12月14、15日の2…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP