中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重自販協が書面総会を開き事業計画を決める

自販連三重県支部(岩井純朗支部長)と三重自動車販売協会(同会長)はこのほど、令和三年度通常総会を書面審議にて開催した。(写真:岩井支部長・会長)サポカー・ASVなどの普及やOSS活用促進などを図るとともに、新車販売業における新型コロナウイルス感染予防対策の推進などを内容とした新年度事業計画を決めた。また、支部規約の一部を改正した。

(全文は整備新聞 令和3年2月25日号:2面に掲載)

愛知自販協が60周年記念で寄付金を贈呈前のページ

愛整振・港支部が警察と連携し防犯ネジを取り付け次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・整備賠償共済保険の加入促進に注力

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)では、会員が加入すること…

  2. 整備関係

    自動車会館の展示コーナーで特殊3団体の活動をアピール

    愛知県の自動車車体整備協同組合、自動車電装品整備商工組合、タイ…

  3. 整備関係

    三重の未来を考える会、地区の状況や人材確保など意見交換

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

  4. 整備関係

    整備関係

    中部の行政処分「原因はうっかりミス」など

    検査員の知識不足などにより、中部では令和元年度に整備事業者に対する厳し…

  5. 整備関係

    岐阜でクルマの児童画作品展を開く

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は12月14、15日の2…

  6. 整備関係

    三重整振の未来考える会が人材確保テーマにセミナー

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP