中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

軽自動車検査協会・ペダル踏み間違え多発

軽自動車検査協会の全国の検査場で、受検者の構内事故が後を絶たない。検査機器を壊すだけでなく、検査待ち車両との追突事故など、全国的に構内での帰庫件数が増加している。とくにペダルの踏み間違いによる事故が多発していることから、本年6月の1カ月間を「構内事故防止強化月間」として、職員及び来所者の事故防止への意識向上を促し、事故の未然防止を図ることとしている。

(全文は整備新聞 令和6年5月25日号:2面に掲載)

愛整振指定22B・総会で新年度の事業計画などを決める前のページ

愛知県部品商組合・総会で竹川新理事長を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・令和5年度から二養など受講に県の支援

    整備業界も人材確保・育成が大きな課題となる中で、愛知県自動車整備振興会…

  2. 整備関係

    愛整振・一宮支部、会員30人が親睦深め意見交換を

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の一宮支部(住田正一 …

  3. 整備関係

    整備関係

    日整連の実態調査で定期点検売り上げ3・4%増

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は平成31年度の自動…

  4. 整備関係

    新明工業・未来型ショールーム「Sow Zow」開設1周年イベント開催

    全国でも屈指の規模を誇る新明工業(本社・豊田市、近藤恭弘社長)…

  5. 整備関係

    中部の電子制御整備認証の取得率は平均57%

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)のまとめによると、10月末現在の…

  6. 整備関係

    中部運輸局・記者懇談会で最近の運輸の状況など説明

    中部運輸局は4月16日、局会議室で定例記者懇談会を開いた。冒頭…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP