中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

USS名古屋がデジタル出品票の導入へ

ユー・エス・エス(USS・瀬田大社長)は1月8日から、東海市の名古屋会場でデジタル出品票の試験導入を開始した。当面は従来のアナログ出品票がメインとなるため、双方の出品票が同様の雰囲気で記載されるようにする。将来的にはデジタル出品票をメインにしていきたいとしている。出品票は①出品番号②年式・車名・グレード③走行距離④装備品・セールスポイント⑤評価点⑥車両情報⑦オークション検査員の報告⑧登録番号・車体番号―などの内容が表記されており、これまで全て手書きで記入されていた。

出品票のデジタル化に伴い、専用のタブレット端末(写真)から車両の情報や検査結果など、出品票の作成に必要な内容を入力することができる。検査員が入力する検査結果などはタッチペンで入力を行うことができるほか、年式・車名などの基本情報は車検証のQRコードからも読み取れることができるため、短時間で正確な情報の入力ができる。

(全文は整備新聞 令和3年2月25日号:3面に掲載)

新しいNGKスパークガールに井上みづなさんを起用前のページ

JATMA・タイヤの点検で不良率が34パーセント次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振青年部会、総会開き池内新部会長選出、「改めてスタート」強調

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の青年部会(伊藤篤志部会…

  2. 整備関係

    愛知の後藤修氏が黄綬褒章

    令和2年度秋の褒章で、中部の整備業界(整備振興会会員)から愛知県の後藤…

  3. 整備関係

    日整連・竹林武一会長に2期目の意欲を聞く

    自動車業界は技術の高度化が急進展し、百年に一度の大変革期と言わ…

  4. 整備関係

    岐阜整振、昨年下期のキャンペーン抽選を行う

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は7月21日、岐阜市の同…

  5. 整備関係

    故坪内恊致氏の「お別れの会」11月10日に名古屋で開催

    愛知ダイハツ・ADWホールディングス(坪内孝暁社長)と愛知県自動車整備…

  6. 整備関係

    岐阜整振がコロナ対策の「県のステッカー提示」 をアピール

    新型コロナウイルス感染症の対策に向けて、岐阜県自動車整備振興会…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP