中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

特定整備施行1年、中部運輸局・林健一自動車技術安全部長特別インタビュー

特定整備制度がスタートして1年、整備業界にとって目下の1番の課題は先進運転システム搭載車のエーミング(機能調整)作業まで行う「電子制御装置整備」認証の取得。中部地区は各県整備振興会の積極的な取り組みにより、認証取得は全国で最も進んでいる。今後も車検証の電子化、OBD検査など新たな対応が次々と求められ、行政の指導にも期待がかかる。整備業界の現状と課題などについて、中部運輸局の林健一自動車技術安全部長(写真)にお聞きした。

――中部管内における電子制御装置整備認証の取得状況と、今後の課題についてお聞かせ下さい。

林部長 中部管内(5県)では、令和3年3月末までに電子制御装置整備の認証を2337工場が取得しています。同認証を取得した工場の割合は、認証18%、指定29%で指定工場のほうが進んでいます。今年10月の新点検基準の施行に向け、指定工場からの申請増加が予想されますので、しっかり対応してまいりたいと考えています。

(全文は整備新聞 令和3年4月25日号:1面に掲載)

 

静岡で「こども110番」活動のツール品を贈呈前のページ

日整連・竹林会長が整備業の夢胸に聖火リレー走る次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・西春日井支部が総会で時代の変化に対応し各種事業を推進

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西春日井支部(天野正道支部長)…

  2. 整備関係

    福井運輸支局が自動車整備や貨物輸送30事業場を表彰

    福井運輸支局は7月9日、貨物自動車運送事業での安全対策、自動車…

  3. 整備関係

    岐阜検査員会・総会でコンプライアンスの徹底など事業計画

    岐阜県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員…

  4. 整備関係

    愛知自動車会館の展示コーナー月替わりで多彩にPR

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は3月1日から1カ月間、愛知…

  5. 整備関係

    今年度から「溶接ヒューム」を特定化学物質障害予防規則(特化則)などが改正

    金属アーク溶接などの作業において過熱により発生する「溶接ヒューム」が、…

  6. 整備関係

    愛知の中川支部が総会で会員の交流や研修などを計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中川支部(大矢英憲支部長)はこ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP