中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部で初、愛知運輸支局で継続車検のOSS申請が自動出力機で交付

継続検査OSS申請を行う利用者の利便性向上を目的に愛知運輸支局は10月5日から「自動車検査証自動出力機」を新たに設置した。(写真)中部管内での導入は初めて。この自動出力機は、継続検査OSS申請において、申請者自身が車検証・検査標章の交付を行うことができるため、待ち時間が短縮できる。

(全文は整備新聞 令和2年11月10日号:2面に掲載)

整備主任者や検査員の課題学習(自主学習)がスタート前のページ

愛知電装組合が理事会で特定整備の対応など報告次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    CAA中部が初荷で流札時・出品料無料などの企画で盛り上げる

    シーエーエー(CAA・永谷敏行社長)の中部会場は1月13日、豊…

  2. 整備関係

    静岡整備商工・総代会、役員改選で萩原真治常務理事を選出

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は6月21日、静岡…

  3. 整備関係

    日整連が点検促進に活用するスローガン募集

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、毎年9月1日から…

  4. 整備関係

    愛知で連絡会主催の人材確保セミナーを開催

    「自動車整備業の人材確保と地域の“かかりつけ医”としての事業承…

  5. 整備関係

    三重整振・総会で竹林会長を再選、業界の使命を訴える

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は6月4日、津駅前のホテ…

  6. 整備関係

    愛知のユーザー車検が前年比6・5%増と拡大傾向に

    ユーザー車検が依然として減少していかない。受検の大半は車検代行業者に変…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP