中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備主任者や検査員の課題学習(自主学習)がスタート

コロナ禍で大勢が参加する研修・講習のあり方が課題となる中、国土交通省は「電子制御装置整備の整備主任者等資格取得講習」「整備主任者研修」「自動車検査員研修」について、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、従来の方法による実施が困難な場合の実施方法を通達した。これにより、中部では愛知、岐阜、福井で各運輸支局が定めた実施要領に基づき、整備主任者・検査員研修の課題学習(自主学習)がスタートした。課題学習の教材は各県整備振興会がホームページ上に掲出し、「整備主任者等資格取得講習を受講し、課題学習を3月までに終了する」よう呼びかけている。

(全文は整備新聞 令和2年11月10日号:2面に掲載)

中部運輸局で整備業など214事業者を表彰前のページ

中部で初、愛知運輸支局で継続車検のOSS申請が自動出力機で交付次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    今年度から「溶接ヒューム」を特定化学物質障害予防規則(特化則)などが改正

    金属アーク溶接などの作業において過熱により発生する「溶接ヒューム」が、…

  2. 整備関係

    高山西支部5班が飛騨検査登録事務所周辺道路を清掃

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)飛騨ブロック・高山西支部…

  3. 整備関係

    静岡商工が3会場で「商工祭」を開催

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)はこのほど、令和2…

  4. 整備関係

    整備用機械工具の総販売額が6年ぶり減、エンジン診断機など伸びる

    日本自動車機械工具協会(機工協、柳田昌宏会長)がまとめた令和2年度自動…

  5. 整備関係

    三重整振の未来考える会が人材確保テーマにセミナー

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

  6. 整備関係

    三重整備商工・総代会、竹林理事長再選し教育指導や環境経済事業を計画

    三重県自動車整備商工組合(竹林武一理事長)は6月4日、津駅前の…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP