中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備主任者や検査員の課題学習(自主学習)がスタート

コロナ禍で大勢が参加する研修・講習のあり方が課題となる中、国土交通省は「電子制御装置整備の整備主任者等資格取得講習」「整備主任者研修」「自動車検査員研修」について、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、従来の方法による実施が困難な場合の実施方法を通達した。これにより、中部では愛知、岐阜、福井で各運輸支局が定めた実施要領に基づき、整備主任者・検査員研修の課題学習(自主学習)がスタートした。課題学習の教材は各県整備振興会がホームページ上に掲出し、「整備主任者等資格取得講習を受講し、課題学習を3月までに終了する」よう呼びかけている。

(全文は整備新聞 令和2年11月10日号:2面に掲載)

中部運輸局で整備業など214事業者を表彰前のページ

中部で初、愛知運輸支局で継続車検のOSS申請が自動出力機で交付次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部運輸局が不正改造車排除の運動など説明

    中部運輸局は5月17日、局会議室で定例の記者懇談会を開き、①宿泊旅行統…

  2. 整備関係

    OBD検査・確認スキャンツール新たに3機種を公表

    日本自動車機械工具協会(JASEA)は8月30日、OBD検査・確認に使…

  3. 整備関係

    愛整振・天白支部が街頭検査など地域密着の事業計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の天白支部(大河内和義 支部長…

  4. 整備関係

    自動車整備技能登録試験で1級小型自動車学科試験合格率は97・6%

    日本自動車整備振興会連合会(竹林武一 会長)は5月14日に実施した令和…

  5. 整備関係

    変革の波に対応して:杉山智彦・静岡整振会長

    新年明けましておめでとうございます。令和3年の新春を迎えるにあたり、謹…

  6. 整備関係

    愛整振・指定4Bが総会で経営向上などに向け事業計画を決める

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の指定第4ブロック(熱田…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP