中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知電装組合が理事会で特定整備の対応など報告

愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一也理事長)は10月26日、愛知県自動車会館で令和2年度第2回理事会(写真)を開き、電装整備士講習(二養)など後期事業計画について説明した。とくに、今年度は特定整備制度に伴い自動車ガラス施工事業者の新規加入が大幅に増加したため、来年度からガラス事業者を組合役員に選出することも決めた。

(全文は整備新聞 令和2年11月10日号:2面に掲載)

中部で初、愛知運輸支局で継続車検のOSS申請が自動出力機で交付前のページ

NGPが総会開き車両買取強化など強調次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    特定整備対応、中部5県で新認証取得が230件

    特定整備制度に基づく新しい電子制御装置整備認証の取得に必要な整備主任者…

  2. 整備関係

    整備関係

    新型肺炎で車検証の有効期間を伸長

    国土交通省は、新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、自動車検査証…

  3. 整備関係

    愛整振が今年も入庫促進キャンペーンを展開

    愛知県自動車整備振興会は今年も9月1日から、入庫促進などを目的に会員事…

  4. 整備関係

    故坪内恊致前愛整振会長が従四位受ける

    去る7月24日に、84歳で死去した愛知県自動車整備振興会の坪内恊致前会…

  5. 整備関係

    整備関係

    軽自動車検査協会が令和2年度の事業計画を決める

    軽自動車検査協会はこのほど令和2年度の事業計画を決めた。主要施策として…

  6. 整備関係

    中部の特定整備認証、資格講習修了者が40%に

    今年度からスタートした特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得ペ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. 車体関係
PAGE TOP