中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知電装組合が理事会で特定整備の対応など報告

愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一也理事長)は10月26日、愛知県自動車会館で令和2年度第2回理事会(写真)を開き、電装整備士講習(二養)など後期事業計画について説明した。とくに、今年度は特定整備制度に伴い自動車ガラス施工事業者の新規加入が大幅に増加したため、来年度からガラス事業者を組合役員に選出することも決めた。

(全文は整備新聞 令和2年11月10日号:2面に掲載)

中部で初、愛知運輸支局で継続車検のOSS申請が自動出力機で交付前のページ

NGPが総会開き車両買取強化など強調次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡整振・理事会で整備競技大会参加など審議

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦 会長)は10月24日、静岡整…

  2. 整備関係

    ロータス岐阜・Zoomで春のキャンペーン決起大会

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(可兒英樹支…

  3. 整備関係

    機工協・OBD検査用の機器公表、バンザイのスキャンツール

    日本自動車機械工具協会は、令和6年10月から開始されるOBD検査に使用…

  4. 整備関係

    電子車検証で中部の振興会が対応準備を活発化

    来年1月からスタートする電子車検証に対応する各県整備振興会の動きが、中…

  5. 整備関係

    愛知ダイハツがサービス技術の社内競技会を開催

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は11月14日、小牧総合サービスセ…

  6. 整備関係

    静岡整備政治連盟・総会開き活動方針、国会議員との懇談会開く

    整備業界にあって活発な政治活動を行っている静岡県自動車整備政治…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP