中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

指定事業者研修でIC車検証など課題対応など説明

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は令和4年度指定自動車整備事業者・事業場管理責任者研修(写真)を、2~3月に尾張地区を小牧教育センター、名古屋地区を名古屋市公会堂、東三河地区をライフポートとよはし、西三河地区を豊田市民文化会館で合計12回にわたって開催、愛整振と運輸支局が整備業界の相次ぐ法・制度改正への対応や、指定整備業務の適正化などの課題について説明した。

(全文は整備新聞 令和5年3月10日号:1面に掲載)

岐南工業高の研究会が整備士PRコンテンツ大賞を受賞前のページ

三重・未来考える会が行政機関と意見交換次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    特定整備開始へ各振興会が整備主任者資格取得講習など強化

    4月から特定整備制度がスタートするのに伴い、各県自動車整備振興会の対応…

  2. 整備関係

    愛知の車検市場は上半期も底堅く

    今年度上半期(4~9月)の継続車検市場は、いわゆる裏年に当たるものの堅…

  3. 整備関係

    飛騨検査員会が約30人参加し新年例会を開催

    岐阜県自動車検査員会の飛騨ブロック(大宮昌夫会長)は1月15日…

  4. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局が新型コロナ関連・特別相談窓口の対応状況を説明

    中部運輸局は4月10日、局会議室で定例記者懇談会を開いた。坪井史憲局長…

  5. 整備関係

    愛整振・支部主催で電子車検証の説明会を地元で開催

    来年一月から自動車検査証の電子化(軽自動車は令和6年1月)がス…

  6. 整備関係

    整備需要動向調査で売上高DIが急改善し4年ぶりにプラス

    コロナ禍の影響を受けながらも、車検台数の伸びなどに支えられ自動車整備業…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP