中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知盗難防止恊が総会で啓発や防犯ネジ取付けなどの計画決める

自動車関連盗難が依然として多発する中、自動車関係団体と警察、損保協会などで構成する愛知県自動車盗難等防止協議会(会長・小栗一朗愛知県自動車販売店協会会長)はこのほど、書面による第19回総会を開き、自動車関連窃盗防止のためのユーザー啓発や盗難防止ネジ取り付けなどを柱とした2022年度活動計画を決めた。昨年(1~12月)の愛知県における自動車盗難認知件数は、前年(500件)に比べて49・0%の大幅増となる745件となり、全国ワースト2位となった。平成27年からは連続して減少していたが、7年ぶりの増加となった。また、部品ねらいではナンバープレートの被害が約五割を占めており、ナンバープレート盗難防止の取り組みが重要視される状況となっている。こうした状況を踏まえ、新年度の活動計画は、関係機関・団体と連携し自動車盗難等に対する自主防犯意識の高揚促進、自動車の使用者に対する広報や啓発活動、防犯機器装置の推進を図る。

(全文は整備新聞 令和4年4月10日号:3面に掲載)

特殊整備3団体が連絡会開き情報交換前のページ

JU岐阜組合の岐阜支部が市に防犯ブザー3,500個を寄贈次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局:林自動車技術安全部長・特別インタビュー

    自動車整備業界も大変革期に入った。車両法改正で自動運行装置も点検・整備…

  2. 整備関係

    中部整備業界で電子整備認証の取得率が約35%に

    新点検基準の施行を控え、特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得…

  3. 整備関係

    整備需要動向調査、コロナ禍で売上・入庫DIが悪化

    新型コロナウイルスの感染再拡大による先行き不透明感などで、総整備売上高…

  4. 整備関係

    トヨタ系ディーラーの行政処分を国交省が発表

    国土交通省は10月20日付で、トヨタ自動車の系列ディーラーの一部拠点で…

  5. 整備関係

    車検場で不当要求、昨年度も全国で70件発生

    自動車技術総合機構は、令和3年度中に全国93カ所の事務所(車検場)で発…

  6. 整備関係

    愛知の人材確保、イベントや教材提供などを計画

    若い整備士の確保に向けて愛知県の運輸支局、自動車関係団体、整備…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP