中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・指定4Bが総会で経営向上などに向け事業計画を決める

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の指定第4ブロック(熱田・中川地区=田口道行ブロック長)は7月5日、名古屋市熱田区の名古屋市工業研究所で2022年度定時総会(写真)を開き、新年度の事業計画などを決めた。冒頭、田口ブロック長は「業界では車検証の電子化やOBD検査など対応すべき課題も多い。今後も会員相互の情報交換を活発にしながら課題への対応を図っていきたい」と挨拶。

(全文は整備新聞 令和4年8月10日号:2面に掲載)

愛整振・西尾支部青年部会がまつり会場で点検整備をPR前のページ

愛整振・半田支部が30周年記念事業で交通安全啓発のマグネットシートを寄贈次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    福井整振・認証工場研究会で電子制御認証の取得促進

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は1月18日、福井県自動車…

  2. 整備関係

    静岡整振が理事会で整備技術向上や人材確保など事業計画を審議

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は3月24日、静岡整振本…

  3. 整備関係

    JU岐阜AAのオンライン車両診断機、電子制御認証基準

    特定整備制度に伴う電子制御装置整備認証を取得した事業場では、国…

  4. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局・「特定整備」の説明など積極化

    道路運送車両法改正に伴う特定整備制度などが実施されることから、中部運輸…

  5. 整備関係

    整備白書・業界環境の変化を説明

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和3年度特定整…

  6. 整備関係

    愛知指定研・例会と忘年会を開催

    愛知県内の有力指定整備工場で構成する愛知県自動車指定研究会(奥…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP