中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

鈴鹿整備組合が街頭検査で不具合車両に口頭指導を

鈴鹿自動車整備組合(平田靖典 理事長)は運輸支局、自動車技術総合機構、軽検査協会、振興会、警察と連携して4月15日、鈴鹿市の鈴鹿サーキット道路沿いで街頭検査(写真)を実施した。

(全文は整備新聞 令和6年5月10日号:2面に掲載)

四日市整備組合が交差点で点検整備促進の呼びかけを前のページ

愛整振・岡崎支部が今年度1回目の無料点検を開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    三重整振が理事会で技術研修や点検整備の促進など

    三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)は3月6日、津市の振興会館で第…

  2. 整備関係

    整備主任者や検査員の課題学習(自主学習)がスタート

    コロナ禍で大勢が参加する研修・講習のあり方が課題となる中、国土交通省は…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツ・高級感あふれる「りんくうシーサード店」開設

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は12月1日、常滑市にりんくうシー…

  4. 整備関係

    電子制御整備認証が中部で取得率45%超える

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、中部地区では全国平均…

  5. 整備関係

    電子車検証で中部の振興会が対応準備を活発化

    来年1月からスタートする電子車検証に対応する各県整備振興会の動きが、中…

  6. 整備関係

    電子制御認証で中部の取得率が18%超える

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が進んでおり、中部5県で…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP