中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

カー用品の売上高が2年ぶりにプラスにコロナ禍で来店増

一部でコロナ禍の影響を受けながらも、カー用品市場が堅調に推移している。自動車用品小売業協会(APARA)がまとめた令和2年度の用品売上高統計によると、会員企業4社・約1450店舗の年間売上高は4021億7508万八8000円で、前年度に比べて0・4%増となった。2年ぶりにプラスに転じた。バッテリー、カ―アクセサリー、ケミカルが好調で、工賃も増加した。

(全文は整備新聞 令和3年6月10日号:4面に掲載)

JAF愛知支部がタイヤ空気圧点検キャンペーンで整備不良が7割も前のページ

【特集】岐阜検査員会・独自のシステムで不正改造車を排除!次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    日整連「令和2年度のスローガン」決まる

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、マイカー点検キャ…

  2. 整備関係

    特定整備を推進、睦自動車がエーミング作業など内製化

    指定工場の睦自動車(本社・豊橋市)は12年3月、本社工場及び牛…

  3. 整備関係

    愛知軽協会、継続検査OSS促進など事業計画

    愛知県軽自動車協会(坪内孝暁会長)はこのほど、新型コロナウイル…

  4. 整備関係

    整備主任者や検査員の課題学習(自主学習)がスタート

    コロナ禍で大勢が参加する研修・講習のあり方が課題となる中、国土交通省は…

  5. 整備関係

    中部・整備工場数、後継者難などで認証の新規が廃止を上回る

    中部地区における整備工場数は、令和2年度も前年度に続いて認証の新規が廃…

  6. 整備関係

    岡崎支部が県内のトップを切りマイカー無料点検を開始

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の岡崎支部(横山陽一支部…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP