中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

カー用品の売上高が2年ぶりにプラスにコロナ禍で来店増

一部でコロナ禍の影響を受けながらも、カー用品市場が堅調に推移している。自動車用品小売業協会(APARA)がまとめた令和2年度の用品売上高統計によると、会員企業4社・約1450店舗の年間売上高は4021億7508万八8000円で、前年度に比べて0・4%増となった。2年ぶりにプラスに転じた。バッテリー、カ―アクセサリー、ケミカルが好調で、工賃も増加した。

(全文は整備新聞 令和3年6月10日号:4面に掲載)

JAF愛知支部がタイヤ空気圧点検キャンペーンで整備不良が7割も前のページ

【特集】岐阜検査員会・独自のシステムで不正改造車を排除!次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    特定整備スタートし早々に認証取得に動き

    改正道路運送車両法が4月1日に施行され、特定整備制度がスタートした。自…

  2. 整備関係

    整備関係

    整備業界もいよいよ大変革期へ

    令和2年がスタートした。待望の東京オリンピック・パラリンピックが開かれ…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツが高齢者の見守りで、扶桑町と協定結ぶ

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

  4. 整備関係

    愛整振・役員や整備士ら233人を会長表彰

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は7月7日、名古屋市公会堂で令和…

  5. 整備関係

    静岡整振・総会で杉山会長を再選、積極的に事業を推進

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は6月21日、静岡市駿河…

  6. 整備関係

    AIR名古屋支部が「生き残りのビジネスは」と講演会

    損保ジャパン日本興亜代理店の整備工場で組織するAIRオートクラ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP