中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

自動車技術総合機構、柴田宗範中部検査部長・就任インタビュー

4月1日付で、独立行政法人自動車技術総合機構中部検査部長に前岐阜運輸支局長の柴田宗範氏(写真)が就任した。検査業務の高度化処理業務が多様化する中で、業務の効率化や受検者が安全に審査を受けることができる環境づくりを推進している。また、検査コースでは運転操作ミスや受検者の不注意による事故が多発しており、事故撲滅に向けて安全で確実な審査業務が求められている。検査業務の現状と課題などについて柴田新中部検査部長にお聞きした。

――はじめに、中部検査部長ご就任の抱負からお聞かせ下さい。

柴田部長 車社会の安全と安心及び環境の保全を支えていくためには、ハード面においては自動車の定期的な点検整備の実施とともに、自動車が安全などの基準に適合していることを評価することが大切です。このうち、個々の自動車が保安基準に適合することを定期的に確認するのが「自動車検査」であり、自動車が保安基準に適合する状態であるかを審査している自動車技術総合機構は、非常に重要な役割を担っていると考えています。

(全文は整備新聞 令和3年7月10日号:1面に掲載)

中部運輸局人事、瀬賀康浩局次長・髙瀬竜児技術安全部長など就任前のページ

三重会議所、総会で竹林会長を再選、公益活動など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    新型肺炎で車検証の有効期間を伸長

    国土交通省は、新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、自動車検査証…

  2. 整備関係

    国交省が検討、車検時に5項目のOBD確認を導入

    自動車技術の高度化に伴い、点検・整備関連の法・制度改正が進んでいるが、…

  3. 整備関係

    ジャパンモビリティショーで子供向け整備士体験

    自動車整備人材確保・育成推進協議会(協議会)と国土交通省は、1…

  4. 整備関係

    愛整振・総会で教育事業など強化、川村会長を再選

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)は6月9日、小牧教育セ…

  5. 整備関係

    整備関係

    岐南西支部が総会で事業計画を決め伊藤支部長を選出

    岐阜整振・岐阜南ブロック(熊澤英夫ブロック長)の岐南西支部(坂井田祐司…

  6. 整備関係

    国土交通省・ダイハツ工業の立入検査の結果など公表

    国土交通省は1月16日、ダイハツ工業に対して立入検査を行った結果につい…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP