中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

自動車技術総合機構、柴田宗範中部検査部長・就任インタビュー

4月1日付で、独立行政法人自動車技術総合機構中部検査部長に前岐阜運輸支局長の柴田宗範氏(写真)が就任した。検査業務の高度化処理業務が多様化する中で、業務の効率化や受検者が安全に審査を受けることができる環境づくりを推進している。また、検査コースでは運転操作ミスや受検者の不注意による事故が多発しており、事故撲滅に向けて安全で確実な審査業務が求められている。検査業務の現状と課題などについて柴田新中部検査部長にお聞きした。

――はじめに、中部検査部長ご就任の抱負からお聞かせ下さい。

柴田部長 車社会の安全と安心及び環境の保全を支えていくためには、ハード面においては自動車の定期的な点検整備の実施とともに、自動車が安全などの基準に適合していることを評価することが大切です。このうち、個々の自動車が保安基準に適合することを定期的に確認するのが「自動車検査」であり、自動車が保安基準に適合する状態であるかを審査している自動車技術総合機構は、非常に重要な役割を担っていると考えています。

(全文は整備新聞 令和3年7月10日号:1面に掲載)

中部運輸局人事、瀬賀康浩局次長・髙瀬竜児技術安全部長など就任前のページ

三重会議所、総会で竹林会長を再選、公益活動など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振・岐南西支部が総会で安全フェアや産廃共同収集など計画

    岐阜整振・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊藤智司支部長)はこのほど、令和…

  2. 整備関係

    新明工業・高校生対象にFCV専門講座

    燃料電池自動車(FCV)の整備も行う新明工業(本社・豊田市、佐…

  3. 整備関係

    日整連が理事会、新技術対応など柱に事業計画を承認

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は1月17日、第17…

  4. 整備関係

    整備技術を一層強化:川村保憲・愛整振会長

    令和3年の年頭に当たり一言ご挨拶申し上げます。昨年は、我が国においても…

  5. 整備関係

    整備関係

    中部で新規の認証工場が急増「特定整備の駆け込み」など

    特定整備制度のスタートを前に、今年3月の新規認証が中部(5県)で43件…

  6. 整備関係

    岐阜整振、今年も「クルマの児童画コン」審査を実施

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は10月13日、整備振興…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP