中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備用機械工具販売が5年連続で前年度を上回る

自動車整備用機器の販売が堅調に推移している。日本自動車機械工具販売協会(柳田昌宏会長)がまとめた令和元年度の自動車機械工具販売実績によると、会員会社の機械工具総売り上げは前年度に比べ2・1%増の1111億7105万九9000円となった。7年連続で1000億円を超え、5年連続で前年度実績を上回った。安定した整備需要が続く中で、今年4月から特定整備制度がスタート、電子制御装置整備対応の投資も活発化したことが要因と言われている。

(全文は整備新聞 令和2年9月10日号:4面に掲載)

JU岐阜が夏のスイーツ祭りAAを開催前のページ

オリ・パラ特別ナンバーの交付と申込期限を1年延長次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知で2月13日に人材確保のセミナー開催

    愛知自動車整備人材確保・育成連絡会(会長・小林博之愛知運輸支局長)は2…

  2. 整備関係

    ロータス岐阜支部が書面総会で事業計画を承認

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(奥田道博支…

  3. 整備関係

    愛知盗難防止協議会・ユーザー啓発強化などの活動計画決める

    自動車関連盗難が依然として多発する中、自動車関係団体と警察、損…

  4. 整備関係

    【特集】 中部5県整備振興会会長が語る整備業の将来像

    整備業界も大変革期を迎える中、業界の当面の課題は特定整備制度へ…

  5. 整備関係

    整備関係

    自動車盗難 1件当たり被害額が増加

    自動車の盗難防止対策に取り組んでいる日本損害保険協会(損保協)は、今年…

  6. 整備関係

    杉浦タイヤ商会が「タイヤ充填安全セット」の発売を開始

    ブリヂストンタイヤ特約店の杉浦タイヤ商会(静岡県湖西市、杉浦進一社長)…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP