中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備白書・業界環境の変化を説明

日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和3年度特定整備業実態調査結果をベースに自動車整備白書をまとめた。この中で今回は、会員事業場に対する「新技術への対応状況」についてアンケート調査し、課題を探っている。整備事業場は「研修の充実」や「機器等の購入支援」などを求めている。白書は令和3年6月時点の調査結果を分析し、①整備業の概要②整備市場を取り巻く社会環境③総整備売上高の動向④生産性の動向⑤労働条件等の動向⑥当面の見通し⑦その他(新技術への対応状況)―についてまとめている。

(全文は整備新聞 令和4年4月25日号:1面に掲載)

電子制御装置整備、中部で取得率50%超える前のページ

愛整振・三河教育センター建設の地鎮祭を実施次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜検査員会・飛騨で幹事会を開催

    県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員会(…

  2. 整備関係

    教育事業などを充実:川村保憲・愛整振会長

    令和5年の年頭に当たり一言ご挨拶申し上げます。新型コロナウイルスの感染…

  3. 整備関係

    愛知軽協会、継続検査OSS促進など事業計画

    愛知県軽自動車協会(坪内孝暁会長)はこのほど、新型コロナウイル…

  4. 整備関係

    岐阜連絡会、県内15校の高等学校訪問、奨学金制度のアピールも

    産官学が連携して県レベルで整備士の確保・育成に取り組む「岐阜自…

  5. 整備関係

    軽自動車検査協会の事業計画、施設整備など積極的に

    軽自動車検査協会はこのほど令和三年度の事業計画を決めた。事業概要として…

  6. 整備関係

    中整連幹事会、特定整備などで情報交換

    中部5県の自動車整備振興会・商工組合で構成する中部地方自動車整…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP