中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

電子制御装置整備、中部で取得率50%超える

特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得率が、3月末現在で中部では平均50%を超えた。既存事業者の取得猶予期間(4年)がちょうど半分経過したところで、今後は指定工場に比べるとペースが遅い認証工場の取得促進が課題となってくる。中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)の集計によると、5県整備振興会の3月末現在の電子制御装置整備の認証取得は合計で6,421工場、会員(1万2,636工場)の50・8%となり半数を超えた。依然として全国平均を大きく上回っている。

(全文は整備新聞 令和4年4月25日号:1面に掲載)

愛知自販協と軽協会、交通安全標語や運動計画前のページ

整備白書・業界環境の変化を説明次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    新明工業が名市立工業高にCVTカット教材を贈呈

    若い整備士確保などの課題に取り組む愛知自動車整備人材確保・育成…

  2. 整備関係

    整備関係

    三重整振・商工組合がコロナ対策で理事会を書面で実施

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)と同商工組合(同理事長)はこのほ…

  3. 整備関係

    中部運輸局・運輸関係功労者278名2団体を表彰

    中部運輸局は11月25日、名古屋市東区のウィルあいち(愛知県女…

  4. 整備関係

    愛知の昭和支部が書面総会で研修会など事業計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の昭和支部(早川裕司支部長)はこ…

  5. 整備関係

    愛整振、フロントマンレベルアップ研修を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は2月14日、小牧教育セ…

  6. 整備関係

    整備需要動向調査で売り上げや入庫DIが改善

    コロナ禍で整備業界の景況感も昨年前半は大幅に悪化していたが、後半には徐…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP