中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

静岡整備商工・総代会、役員改選で萩原真治常務理事を選出

静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は6月21日、静岡県自動車整備振興会総合会館で第45期通常総代会(写真)を開き、事業経営基盤強化や共同購買・経済事業を骨子とした令和3年度の事業計画や予算などを決めた。役員改選では河田理事長をはじめ、副理事長の鈴木史隆氏、小川隆博氏、増田正之氏の3氏を再選。新副理事長には大須賀利男氏、新常務理事には萩原真治氏を選出した。

(全文は整備新聞 令和3年7月10日号:2面に掲載)

愛知整備商工・総代会、川村理事長再選し組織力活かし共同経済事業を前のページ

岐阜整備商工・総代会、組合員の経営基盤強化など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知のユーザー車検台数・上半期も3・6%増

    堅調な車検市場が続く中で、ユーザー車検が依然として大きな割合を維持して…

  2. 整備関係

    愛知で特定整備認証の看板お目見え

    新型コロナウイルスの感染拡大により、特定整備認証の取得ペースが…

  3. 整備関係

    新型車は令和4年7月から事故時の車両情報記録装置を義務化

    国土交通省は9月30日、事故情報計測・記録装置(EDR)に係る国連規則…

  4. 整備関係

    機械工具のイヤサカがエーミング装置など内覧会を開く

    大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義社長)の名古屋支店(蓮池直彦…

  5. 整備関係

    愛知の後藤修氏が黄綬褒章

    令和2年度秋の褒章で、中部の整備業界(整備振興会会員)から愛知県の後藤…

  6. 整備関係

    来年1月から車検証電子化、整備事業者で記録更新など

    令和元年の道路運送車両法改正を機に、整備業界は大きな変化の波に直面して…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP