中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

静岡整備商工・総代会、役員改選で萩原真治常務理事を選出

静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は6月21日、静岡県自動車整備振興会総合会館で第45期通常総代会(写真)を開き、事業経営基盤強化や共同購買・経済事業を骨子とした令和3年度の事業計画や予算などを決めた。役員改選では河田理事長をはじめ、副理事長の鈴木史隆氏、小川隆博氏、増田正之氏の3氏を再選。新副理事長には大須賀利男氏、新常務理事には萩原真治氏を選出した。

(全文は整備新聞 令和3年7月10日号:2面に掲載)

愛知整備商工・総代会、川村理事長再選し組織力活かし共同経済事業を前のページ

岐阜整備商工・総代会、組合員の経営基盤強化など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振が創立70周年記念誌を作成

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は「創立70周年記念誌」を作成し…

  2. 整備関係

    静岡整振が理事会で整備技術向上や人材確保など事業計画を審議

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は3月24日、静岡整振本…

  3. 整備関係

    中部運輸局、研修会などで不正防止を重点指導

    指定自動車整備事業者に対する行政処分で、全国的に最近、「検査の一部未実…

  4. 整備関係

    三重整振・整備士の人材確保へセミナーで情報を共有

    自動車整備士を目指す若者が時代とともに大きく減少している中で、…

  5. 整備関係

    中部の行政処分、不正車検で指定取消など

    中部運輸局は令和3年度の整備事業者に対する行政処分状況をまとめた。前年…

  6. 整備関係

    継続車検がコロナ禍で市場が乱高下

    新型コロナウイルス感染拡大の影響が、継続車検市場にも表れている。今年度…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP