中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・南支部が会員の交流や地域密着の活動を展開

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)南支部(村田全弘支部長)はこのほど、書面による第30回通常総会を行い、交通安全活動など骨子とした令和3年度事業計画を決めたほか、役員改選で村田支部長を再選した。新年度はコロナウイルスの状況を見ながら、会員相互の交流や地域に密着した事業活動を展開する。

(全文は整備新聞 令和3年7月25日号:3面に掲載)

愛整振・千種名東支部が経営・技術向上などを計画前のページ

愛整振・一宮支部が会員と連携して研修会や親睦会など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡整振が飛龍高校にHV3台を寄贈

    整備士の人材確保への取り組みを強めている静岡県自動車整備振興会…

  2. 整備関係

    ロータス岐阜がWEB総会で可兒支部長選出し、事業計画など決める

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部は5月24日…

  3. 整備関係

    経産省のコロナ禍対策「事業復活支援金」申請は5月末まで

    経済産業省では、中小法人や個人事業者を対象にコロナの影響を受けた事業の…

  4. 整備関係

    整備関係

    4月から自賠責保険料が平均16・4%の値下げに

    自動車損害賠償責任保険(自賠責)の保険料が4月1日から、平均16・4%…

  5. 整備関係

    三重自販協が書面総会を開き事業計画を決める

    自販連三重県支部(岩井純朗支部長)と三重自動車販売協会(同会長…

  6. 整備関係

    整備関係

    日整連「令和2年度のスローガン」決まる

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、マイカー点検キャ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP