中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重整振・理事会で上半期の報告や点検キャンペーンの対応など

三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は10月1日、津市の振興会館で第176回理事会(写真)を開催した。議題は①第37回振興会会長表彰者の選考及び表彰式の開催日時②代表理事等の職務状況③諸会議等の日程―などを審議した。冒頭、竹林会長は「自動車業界は2050年のカーボンニュートラルの実現に向けて動きが活発化している中で、自動車もエンジンからFCVやEVに移行されることとなる。我々の業界も変化に対して積極的に対応していくことが重要になる」と述べるとともに、OBD車検をはじめ、新技術の習得や後継者不足への対応など、しっかり取り組んでいきたいと強調した。

(全文は整備新聞 令和3年10月10日号:1面に掲載)

愛知人材確保連絡会、高校訪問など書面で活動を報告前のページ

電子制御整備認証、中部でディーラーの取得が加速次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    車検証の電子化で振興会事務局対象に説明

    来年1月から自動車検査証の電子化がスタートすることから、中部運…

  2. 整備関係

    整備関係

    愛知・整備主任者資格取得講習で江南・犬山支部が単独開催

    愛知運輸支局と愛知県自動車整備振興会は特定整備制度のスタートに伴い、整…

  3. 整備関係

    高山西支部5班が飛騨検査登録事務所周辺道路を清掃

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)飛騨ブロック・高山西支部…

  4. 整備関係

    車検場で不当要求、昨年度も全国で70件発生

    自動車技術総合機構は、令和3年度中に全国93カ所の事務所(車検場)で発…

  5. 整備関係

    静岡整振が飛龍高校にHV3台を寄贈

    整備士の人材確保への取り組みを強めている静岡県自動車整備振興会…

  6. 整備関係

    電子制御整備認証の全国取得率は平均36%

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得が今年3月末現在、全国平均…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP