中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重整振・理事会で上半期の報告や点検キャンペーンの対応など

三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は10月1日、津市の振興会館で第176回理事会(写真)を開催した。議題は①第37回振興会会長表彰者の選考及び表彰式の開催日時②代表理事等の職務状況③諸会議等の日程―などを審議した。冒頭、竹林会長は「自動車業界は2050年のカーボンニュートラルの実現に向けて動きが活発化している中で、自動車もエンジンからFCVやEVに移行されることとなる。我々の業界も変化に対して積極的に対応していくことが重要になる」と述べるとともに、OBD車検をはじめ、新技術の習得や後継者不足への対応など、しっかり取り組んでいきたいと強調した。

(全文は整備新聞 令和3年10月10日号:1面に掲載)

愛知人材確保連絡会、高校訪問など書面で活動を報告前のページ

電子制御整備認証、中部でディーラーの取得が加速次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・蒲郡支部が総会で事業計画決め、夏目新支部長を選出

    愛整振蒲郡支部(三田俊和支部長)はこのほど、書面による第31回通常総会…

  2. 整備関係

    整備主任者や検査員の課題学習(自主学習)がスタート

    コロナ禍で大勢が参加する研修・講習のあり方が課題となる中、国土交通省は…

  3. 整備関係

    軽自動車検査協会の事業計画、施設整備など積極的に

    軽自動車検査協会はこのほど令和三年度の事業計画を決めた。事業概要として…

  4. 整備関係

    整備関係

    コロナ対策で4回目の車検延長

    新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、政府の緊急事態宣言の実施機関…

  5. 整備関係

    岐阜整振、総会で田口会長らを再選

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は6月13日、岐阜市の同…

  6. 整備関係

    整備関係

    愛整振が実習上の拡充など小牧教育センター増築へ

    愛知県自動車整備振興会(坪内恊致 会長)は、整備士教育の拠点である小牧…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP