中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

ナンバープレート表示が10月から取り付け角度など新基準に

この10月からナンバープレートの表示の位置や方法について、新基準の適用が開始された。自動車登録番号標の関係法令改正に伴い、平成28年4月からナンバープレートカバーの装着やシールなどの貼り付け、回転や折り返しての装着など、番号の認識に支障が生じる方法全てが禁止されている。今回は、10月以降に初めて登録を受ける車両を対象に取り付け角度などが適用された。4月1日からの予定が、新型コロナウイルスの感染拡大により半年延期されていた。

(全文は整備新聞 令和3年10月10日号:2面に掲載)

DRP、SBI損保、JATTOが連携し、エーミング対応の全国ネットを構築前のページ

検査員研修など「同一性の確認」を強調次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    【特集】岐阜検査員会・独自のシステムで不正改造車を排除!

    ストップ・ザ・不正改造―「不正改造車は犯罪です」と訴え、今年…

  2. 整備関係

    福井整振が専業部会・事業委員会の合同会議を開く

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は1月25日、福井県自動車…

  3. 整備関係

    中部の整備工場数、11月の新規認証が依然高水準~半年間連続で増

    特定整備制度のもとで、中部地区の整備業界では認証の新規が高水準で続いて…

  4. 整備関係

    日整連が理事会で新技術への対応やOSS促進など事業計画

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は1月13日…

  5. 整備関係

    中日本短大卒業式・留学生含め218人が巣立つ

    神野学園(山田弘幸理事長)の中日本自動車短…

  6. 整備関係

    整備需要動向調査、売上・入庫DIが最低

    日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)はこのほど、第49回「整備需…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP