中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

自動運転化実証実験支援など:嘉村徹也・中部運輸局長

あけましておめでとうございます。新たな年を迎え、謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。年の初めを節目として、皆様それぞれが、この1年を展望し、思いを新たにしておられることと思います。利用者、事業者、行政にとってまさに緊急事態であると捉え、観光と公共交通を確実に復活させていくため、感染状況を常に見極めながら、中部運輸局として一丸となって気持ちも新たに対応していく決意です。自動車登録分野については、来年1月に自動車検査証の電子化を可能とし、OSS申請を行ってもなお必要であった運輸支局・事務所への来訪を不要とするなど、利便性の向上に向けて取り組んでまいります

(全文は整備新聞 令和4年1月10日号:2面に掲載)

点検整備推進さらに:小林博之・愛知運輸支局長前のページ

技術高度化背景に法・制度改正さらに「整備業界も大変革期へ」次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・高浜支部が総会で無料点検や情報交換など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の高浜支部(神谷則喜支部長)はこ…

  2. 整備関係

    OBD検査用スキャンツール2機種目を公表

    日本自動車機械工具協会(JASEA)は6月12日、OBD検査に使用する…

  3. 整備関係

    電子制御認証取得、中部5県平均で52%に、指定工場は85%超

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)がまとめた電子制御装置整備に係る…

  4. 整備関係

    愛知軽協会、継続検査OSS促進など事業計画

    愛知県軽自動車協会(坪内孝暁会長)はこのほど、新型コロナウイル…

  5. 整備関係

    JU愛知が青年部担当AAで初出品企画など

    愛知県中古自動車販売商工組合(JU愛知・兼松幸生理事長)は3月…

  6. 整備関係

    岐阜整振、理事会を開き、専門委員会の正副委員長らを選出

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は6月24日、岐阜県自動…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP