中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

保安基準告示改正~自動運転に対応した検査を導入へ

国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示を改正し、令和6年10月から自動車の検査(車検)において、自動ブレーキなどの自動運転技術に用いられる電子制御装置の目に見えない故障に対応するための電子的な検査を開始することとした。発表によると、自動ブレーキなどの電子制御を駆使した自動運転技術については、近年、軽自動車を含む幅広い車両への搭載が進んでいる。これらの技術は交通事故防止に大きな効果が期待される一方、故障時には誤作動などにより事故につながる恐れがあることから、使用時においても確実に機能維持を図ることが重要になっている。

(全文は整備新聞 令和2年8月25日号:4面に掲載)

国交省がペダル踏み間違い後付けの2装置を認定前のページ

愛整振会長に川村保憲氏(愛知日野自動車社長)が就任次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重整振・商工組合が理事会で上半期の報告など行う

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は12月2日、津駅前のホ…

  2. 整備関係

    昨年度のリコール総対象台数37%減、4年ぶりに前年以下

    国土交通省は令和2年度のリコール総届出件数と総対象台数をまとめた。届出…

  3. 整備関係

    日整連・竹林武一会長に2期目の意欲を聞く

    自動車業界は技術の高度化が急進展し、百年に一度の大変革期と言わ…

  4. 整備関係

    電子制御整備認証が中部で取得率56%に

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)がまとめた電子制御装置整備に係る…

  5. 整備関係

    大阪・関西万博の特別仕様ナンバーを今秋から交付開始

    国土交通省は「2025日本国際博覧会」(大阪・関西万博)の開催を記念し…

  6. 整備関係

    愛知・碧南支部が「今後の業界動向」をテーマに研修会を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の碧南支部(岡本彰支部長…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP