中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

国交省がペダル踏み間違い後付けの2装置を認定

国土交通省は7月1日付で、後付けのペダル踏み間違い急発進等抑制装置について、一定の機能などを有すると認められるものとして「ホンダアクセス」「トヨタ自動車」の二装置を認定し、使用上の注意点などとともに公表した。国交省では、後付けのペダル踏み間違い急発進等抑制装置については、さまざまな製品の装着・販売が進んでおり、消費者が正しく理解した上で適切に選択し使用していくためには、情報提供の充実が重要だとしている。

(全文は整備新聞 令和2年8月25日号:4面に掲載)

中部圏の主要AA会場、コロナの影響で出品・成約とも大幅減前のページ

保安基準告示改正~自動運転に対応した検査を導入へ次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・豊橋支部が総会で新支部長に村田氏を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)豊橋支部(中山幸宣支部長…

  2. 整備関係

    三重軽自動車会館が竣工

    三重県自動車会議所(竹林武一会長)は12月15日、軽自動車会館…

  3. 整備関係

    機械工具のイヤサカがエーミング装置など内覧会を開く

    大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義社長)の名古屋支店(蓮池直彦…

  4. 整備関係

    整備関係

    軽自動車検査協会が令和2年度の事業計画を決める

    軽自動車検査協会はこのほど令和2年度の事業計画を決めた。主要施策として…

  5. 整備関係

    愛知の人材確保、イベントや教材提供などを計画

    若い整備士の確保に向けて愛知県の運輸支局、自動車関係団体、整備…

  6. 整備関係

    公正で確実な検査を:田中秀一・軽検協愛知主管長

    新年明けましておめでとうございます。令和4年の新春を迎え、心からお慶び…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP