中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

車検証の電子化で振興会事務局対象に説明

来年1月から自動車検査証の電子化がスタートすることから、中部運輸局は1月11日、愛整振小牧教育センターで管内各整備振興会事務局担当者らを対象とした説明会(写真)を開いた。参加したのは各整備振興会の専務・常務理事をはじめ担当部課長ら18人で、中部運輸局自動車技術安全部の髙瀨竜児部長と加藤彦徳技術課長が説明にあたった。来年1月から車検証がICカード化(軽自動車は令和6年1月)され、国からの事務の委託制度創設などについて実務的な対応方を研修した。

(全文は整備新聞 令和4年1月25日号:1面に掲載)

愛整振が2月14日にフロントマン研修を開催前のページ

名鉄整備津島工場を指定取消の処分に次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・半田支部が30周年記念事業で交通安全啓発のマグネットシートを寄贈

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の半田支部(芳賀康宜支部…

  2. 整備関係

    愛知の後藤修氏が黄綬褒章

    令和2年度秋の褒章で、中部の整備業界(整備振興会会員)から愛知県の後藤…

  3. 整備関係

    愛整振・津島支部が役員会・懇親会で今後の事業を審議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・津島支部(横井隆幸支部長)は1…

  4. 整備関係

    愛知の刈谷支部が総会で技術研修など活動再開めざし

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の刈谷支部(野村昇司支部長)はこ…

  5. 整備関係

    DRP、SBI損保、JATTOが連携し、エーミング対応の全国ネットを構築

    先進安全自動車の修理に伴い、電子制御装置整備(エーミング)の対応が求め…

  6. 整備関係

    整備白書、業界の大多数が特定整備認証の意向

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和2年度版の自…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP