中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

国交省がパブコメ・整備士資格制度を改正

自動車技術の高度化を背景に、整備士制度が大きく変更されることになった。国土交通省は「自動車整備士技能検定規則等の一部を改正する省令案」を固め、2月28日までパブリックコメントの意見を募集している。整備士資格で現行の2、3級のガソリン、ジーゼル、シャシの種類を廃止する。焦点となっていた検査員については、これまでどおり1級、2級整備士とも担うこととなった。今年4月1日付で公布、令和9年1月施行の予定としている。

(全文は整備新聞 令和4年2月10日号:1面に掲載)

愛整振・指定整備委員会を開催し指定整備の適正化など審議前のページ

JAF愛知、宇宙をテーマにスタンプラリーを開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    JAF愛知、大学生が考案したドライブコースで観光促進イベント

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は1月14日から3月…

  2. 整備関係

    特定整備・次代へアプローチ「奥村自動車(名古屋市中川区)」インタビュー

    指定工場の奥村自動車(名古屋市中川区)=写真=は9月、「電子制…

  3. 整備関係

    燃費の良い乗用車ランキングを公表・普通車1位はヤリス

    国土交通省は令和二年末時点で販売されている乗用車の燃費ランキングを公表…

  4. 整備関係

    中部5県でOBD検査のプレテストを実施、約250事業者が参加

    自動車技術が高度化する中で、自動車技術総合機構は2024年10…

  5. 整備関係

    岐阜整振が今秋、整備技能競技大会を開催

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月14日の理事会で「…

  6. 整備関係

    国交省が大雪時の大型車立ち往生に注意を呼びかけ

    国土苦痛省は、この冬も大雪時の大型車立ち往生防止対策を実施、運送事業者…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP