中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

トラスティレンタカーが国産高級車から輸入車まで損保代車をラインナップ

損保代車用レンタカー事業を展開するトラスティレンタカー(本社・清須市、西村勇吾社長)では高級車のレンタカー需要が増加しており、国産高級車や輸入車などのラインナップの強化を図っている。同社では約300台のレンタカーを準備しており、そのうち約百台はベンツ、BMW、アウディー、レクサスなどの高級車も多く取り揃えている。また、車格はベンツならAクラスからSクラスなど、メーカーごとに幅広く対応している。
同社の特徴は①工場代車の維持費などの負担軽減②豊富な車種を準備(300台以上)③損保会社との協定業務の対応(代車料金の相談及び協定業務)④高水準の紹介料―などを利用メリットとしている。さらにグループ会社ではレッカー事業も行っており、電話一本で事故車の搬送からレンタカーの対応、損保会社との調整までトータルでサポートしている。

(全文は整備新聞 令和4年2月10日号:6面に掲載)

お悔やみ愛知県自動車整備振興会理事・早川裕司氏死去前のページ

JU岐阜AAのオンライン車両診断機、電子制御認証基準次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡商工・中部総支部のみミニ展示会を開催

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は12月19日、静…

  2. 整備関係

    秋の大臣表彰:中部の整備業界から10氏が受賞

    国土交通省は10月29日、令和2年度の自動車関係功労者に対する大臣表彰…

  3. 整備関係

    運輸局の窓口など、キャッシュレス化やデジタル化で検査登録手続きを便利に

    国土交通省は、自動車検査登録手続きの「キャッシュレス化」と「デジタル化…

  4. 整備関係

    岐阜整振・総会で新認証取得の状況なども報告

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は6月8日、岐阜市の同振…

  5. 整備関係

    CAA岐阜が初荷で出品企画を多彩に展開し力強く開催

    シーエーエー(CAA・永谷敏行社長)の岐阜会場は1月12日、羽…

  6. 整備関係

    愛知の中村支部、会員工場の防犯カメラ近くにポスター掲示

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・中村支部(加藤博久支部…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP