中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

日整連・記者懇談会で今年度の主要事業を説明

日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(日整連・整商連、竹林武一 会長)は8月1日、東京都港区の第一ホテル東京で整備記者懇談会(写真)を開いた。今回は令和五年度の主要な事業について①新技術への対応②安定した整備事業に向けた対応③人材不足への対応④継続検査OSSの利用促進―などについて説明した。

(全文は整備新聞 令和5年8月25日号:2面に掲載)

ビッグモーターの不正事案で法令遵守の徹底を強調前のページ

髙桒宏之・福井運輸支局長の就任インタビュー次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・中川支部が電子制御認証取得をテーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中川支部(大矢英憲支部…

  2. 整備関係

    継続検査OSSの利用、1月実績・愛知で登録車は58%

    来年1月から電子車検証がスタートするのに伴い、指定整備事業者による継続…

  3. 整備関係

    愛知軽主管・事故で閉鎖の検査コースが再開

    軽自動車検査協会愛知主管事務所(名古屋市港区)は、昨年から事故…

  4. 整備関係

    三重整振・理事会で上半期事業を報告

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は10月2日、津市の振興…

  5. 整備関係

    福井整振が総会で田中会長を再選、技術向上や人材育成など計画

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は5月24日、福井県自治会…

  6. 整備関係

    軽自動車検査協会の事業計画、施設整備など積極的に

    軽自動車検査協会はこのほど令和三年度の事業計画を決めた。事業概要として…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP