中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JAF調査で後席シートベルト着用が一般道で42%

日本自動車連盟(JAF)と警察庁が合同で、昨年10~12月に行った「シートベルト着用状況全国調査」の結果によると、後部座席でのシートベルト着用率は一般道路で42・9%(前年比2・6ポイント増)となり、依然として低い意識であることが分かった。 高速道路での着用率は75・7%(前年比0・1ポイント減)だった。

(全文は整備新聞 令和4年3月25日号:2面に掲載)

タイヤのパンク修理など空気充填作業に注意前のページ

中日本短大、卒業式で留学生含め228人が巣立つ次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・港支部がインボイス制度の勉強会と懇親会を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)港支部(鈴木護支部長)は…

  2. 整備関係

    愛知東部組合、総代会で共同購買事業など強化

    東三河地区(豊橋・豊川・渥美・蒲郡・新城・北設)の整備事業者4…

  3. 整備関係

    中部運輸局と愛整振・指定委員会がOBD検査・確認の意見交換会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は12月11日、小牧教育…

  4. 整備関係

    愛整振・青年部会が総会で新部会長に夏目氏を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の青年部会(池内章雄部会…

  5. 整備関係

    三重整振が理事会で上半期の事業・収支報告

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は12月2日、津駅前のホ…

  6. 整備関係

    愛整振・津島支部が役員会・懇親会で今後の事業を審議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・津島支部(横井隆幸支部長)は1…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP