中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重整振、総会で人材育成などを強調

三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は6月22日、津駅前のホテル・グリーンパーク津で第68回定時総会(写真)を開き、令和元年度事業報告・決算報告などを承認した。今回は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、出席者を理事中心に最少人数に絞り開催した。冒頭の挨拶で竹林会長は「コロナ対策の中で整備業は自粛要請の対象にならなかった。国民生活に不可欠な存在として重要な役割が期待されている。これから特定整備制度が始まり、自動運転車も増えてくる。人材を整え、しっかり“明るく、楽しく、前向きに”対応していこう」と訴えた。この後、竹林会長が議長に就いて令和元年度事業報告・決算報告、定款の一部変更を審議、承認した。

(全文は整備新聞 令和2年6月25日号:1面に掲載)

岐阜整振、総会で田口会長らを再選前のページ

整備主任者検査員研修・自主学習とり入れ新方式も次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜車協・青年部が総会で事業計画、森新部会長選出

    岐阜県自動車車体整備協同組合・青年部会(松本悟部会長)は4月18日、岐…

  2. 整備関係

    愛知の自動車盗難、前年比49%の大幅増(7年ぶり)

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は745件で、前年の認知…

  3. 整備関係

    愛整振・尾張旭支部が総会で事業を積極推進、若杉新支部長を選出

    愛整振尾張旭支部(加藤浩支部長)はこのほど、書面による令和3年度定期総…

  4. 整備関係

    愛整振・津島支部が役員会・懇親会で今後の事業を審議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・津島支部(横井隆幸支部長)は1…

  5. 整備関係

    中部4月の整備工場数で廃止が再び大幅増加、愛知で目立つ

    中部の整備工場数は、再び廃止が新規を大幅に上回る流れが強まった。中部運…

  6. 整備関係

    燃費ランキングでトヨタのヤリスがトップに

    国交省によると、自動車分野においては、燃費・電費の一層の向上(燃費規制…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP