中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

ベントレー名古屋が中区に移転リニューアルオープン

ADWホールディングス(坪内孝暁社長)のインポート事業部で展開する輸入車販売のベントレー名古屋(冨田和宏社長)は、販売拠点を名古屋市千種区から中区新栄に移転、4月15日にリニューアルオープンのセレモニー(写真)を開いた。同社は、英国を代表する名門自動車ブランド・ベントレーの東海地区エリアの販売拠点として2016年に開設。説明によると、これまで名古屋市千種区の店舗で営業を続けてきたが、数多くの顧客の要望にスムーズに対応するとともに、ラグジュアリー・ブランドに相応しい、より洗練された空間を演出することが可能な都心に近い中区に店舗を移転したとしている。

(全文は整備新聞 令和4年5月10日号:3面に掲載)

愛知電装商組・理事会で事業計画などを審議前のページ

三谷興業・大型車整備工場を新築移転、最新設備で作業効率を向上次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部運輸局管内の人事異動で3支局長が交代

    国土交通省は4月1日付の人事異動を発表した。中部運輸局関係で課長級以上…

  2. 整備関係

    車検場内での事故が1000万円を超える高額な弁償費にも

    登録車や軽自動車の検査場内における受検者の事故が多く発生している。検査…

  3. 整備関係

    国交省人事・中部運輸局長に大石氏

    国土交通省の6月28日付人事異動で、中部運輸局長に独立行政法人…

  4. 整備関係

    愛整振支部長会で来年度キャンペーンの説明など

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は2月10日、小牧教育セ…

  5. 整備関係

    岐阜整振で特定整備の説明会を5月に13回開催

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)の指定部会(遠藤太桂康委…

  6. 整備関係

    愛知の自動車関係団体が税制見直しを街頭アピール!

    ユーザーの立場から自動車取得税、自動車重量税の廃止などの実現を…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP