中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三谷興業・大型車整備工場を新築移転、最新設備で作業効率を向上

三谷興業(本社・名古屋市中区、三谷道郎社長)はこのほど、東海市名和町に大型車両向けの整備工場を移転新築し、4月13日から操業開始した。新工場は敷地面積約1万1000平方メートル、建物面積は2900平方メートル。整備工場は各整備作業の効率化を図る最新の整備機器を導入している。大型車用は、整備スペースが7ストール、鈑金塗装用ストール、エーミング作業用ストールの合計9ストールあり、小型車用には4ストールの整備スペースを準備している。とくに大型車用では、吊り下げ回転式ホイールドーリー「SKY TRAIN(スカイ トレイン)」(写真)を2ストールに設置、この機器はブレーキドラム付ホイールの脱着作業が、メカニックが立った状態で作業することができるなど、作業の安全性や効率性を高めている。

(全文は整備新聞 令和4年5月10日号:3面に掲載)

ベントレー名古屋が中区に移転リニューアルオープン前のページ

岐阜整振・岐南西支部が総会で安全フェアや産廃共同収集など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振が理事会で上半期の事業などを報告

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月14日、岐阜市の岐…

  2. 整備関係

    愛知ダイハツと岡崎市が高齢者見守りなどで連携協定

    地域で高齢者の安全運転などに取り組んでいる愛知ダイハツ(坪内孝…

  3. 整備関係

    愛知・岡崎支部が従業員、家族含めボウリング大会を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の岡崎支部(横山陽一支部…

  4. 整備関係

    静岡運輸支局、安全・環境対応などで表彰

    静岡運輸支局(岡田英雄支局長)は10月7日、静岡市駿河区の静岡…

  5. 整備関係

    トラスティレンタカーが国産高級車から輸入車まで損保代車をラインナップ

    損保代車用レンタカー事業を展開するトラスティレンタカー(本社・…

  6. 整備関係

    愛知ダイハツが本社ステーションでカーシェア事業を開始

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は4月28日から、名古屋市中区の本…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP