中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

人材確保・育成で順次各県で人材セミナーを計画

整備士の人材確保問題に取り組む中部運輸局は「人材確保・育成対策本部」の取り組みの一環として4月27日、令和4年度「中部地方ブロック人材確保連絡会議」をWeb会議方式で開催した。この中で、人材確保のノウハウなどを整備業界や関係機関で共有する取り組みとして、今後も毎年、各県整備振興会が持ち回りで「人材確保セミナー」を開催することを求めた。この取り組みは、中部五県の自動車整備人材確保・育成連絡会に所属するメンバーを集め、各県の活動内容を整理するとともに、情報の共有化を図りながら、より効果的な活動を展開することを目的としている。

(全文は整備新聞 令和4年5月25日号:1面に掲載)

三重整振が理事会で総会上程議案などを審議前のページ

岐阜車恊が総会で効果的な人材育成など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部運輸局で整備業など214事業者を表彰

    中部運輸局は10月29日、局会議室で運輸各事業分野での安全対策…

  2. 整備関係

    整備関係

    港北自動車、アライメント20000台達成でキャンペーン展開

    アライメントテスターを活用して足回りサービスに取り組む指定工場の港北自…

  3. 整備関係

    愛知自販協、総会で事業計画決め特別講演など

    愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)は第60回、自販連愛知県…

  4. 整備関係

    愛整振・2会場で整備技能競技大会の説明会を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は7月24日に開催する「…

  5. 整備関係

    中日本自動車短大が留学生含め299人が入学

    神野学園・中日本自動車短期大学(山田弘幸理事長・学長)は4月6…

  6. 整備関係

    JAF愛知支部が夕暮れ時の事故防止を呼びかけ

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は「秋の交通…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP