中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部運輸局「検査の一部未実施」重点に研修会

中部運輸局は行政処分の実効性のある再発防止策として、今年度は「検査の一部未実施」を重点テーマに自動車検査員の研修会などで指導を強化していく考えだ。ここ2~3年、大手ディーラーの指定整備工場で検査の一部未実施による不正車検が全国的に相次いで発覚し大きな社会問題になっていることから、改めて不正事例を示しながら検査員や事業者にコンプライアンスを強く求めていく。

(全文は整備新聞 令和4年6月10日号:1面に掲載)

福井整振が総会で田中会長を再選、技術向上や人材育成など計画前のページ

令和4年3月末、中部5県の自動車保有台数は平均微増次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    令和3年度・愛知の継続車検台数、登録車0・7%減、軽は2・4%増に

    継続車検市場が堅調に推移している。愛知県における令和3年度の継続検査台…

  2. 整備関係

    日整連・竹林会長が整備業の夢胸に聖火リレー走る

    東京オリンピックの開催に向けて、三重県自動車整備振興会会長で日…

  3. 整備関係

    【特集】 中部5県整備振興会会長が語る整備業の将来像

    整備業界も大変革期を迎える中、業界の当面の課題は特定整備制度へ…

  4. 整備関係

    愛知の自動車盗難・昨年26%減だがレクサスLXの被害が倍増

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は500件となっ…

  5. 整備関係

    整備関係

    愛知のユーザー車検「登録車は2・6%減」持ち込みは拡大

    ユーザー車検が、なかなか減少していかない。愛知県における令和元年度のユ…

  6. 整備関係

    整備用機械工具販売が5年連続で前年度を上回る

    自動車整備用機器の販売が堅調に推移している。日本自動車機械工具販売協会…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP