中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・蟹江支部が低圧電気講習開きHV整備など学ぶ

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の蟹江支部(髙橋秀樹支部長)は5月14日、弥富市の丸うモータースで研修会を開き、会員ら19人が参加した。今回は愛整振教育部の田中明一部長を講師に「低圧電気取扱特別講習」(写真)を実施した。研修で髙橋支部長は「低圧電気の内容を学び、各事業場で整備作業に役立ててもらいたい」と挨拶した。

(全文は整備新聞 令和4年6月10日号:2面に掲載)

岐阜整振・高山東・西支部が今年も無事故・無違反コンテストに参画前のページ

日整連・令和4年度スローガン「気づけるよ 気づかないこと マイカー点検」次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    特定整備対応、中部5県で新認証取得が230件

    特定整備制度に基づく新しい電子制御装置整備認証の取得に必要な整備主任者…

  2. 整備関係

    JATMA・タイヤの点検で不良率が34パーセント

    日本自動車タイヤ協会(JATMA)はこのほど、昨年1年間に全国で5回行…

  3. 整備関係

    愛知・中支部、地元警察と連携して防犯ネジの取り付け

    自動車関連盗難が後を絶たない中、愛知県自動車整備振興会・中支部…

  4. 整備関係

    愛整振が創立70周年記念誌を作成

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は「創立70周年記念誌」を作成し…

  5. 整備関係

    静岡整振が理事会で整備技術向上や人材確保など事業計画を審議

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は3月24日、静岡整振本…

  6. 整備関係

    特定整備の取得、中部平均で全工場の10%に!

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得ペースが上がってきた。と…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP