中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・蟹江支部が低圧電気講習開きHV整備など学ぶ

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の蟹江支部(髙橋秀樹支部長)は5月14日、弥富市の丸うモータースで研修会を開き、会員ら19人が参加した。今回は愛整振教育部の田中明一部長を講師に「低圧電気取扱特別講習」(写真)を実施した。研修で髙橋支部長は「低圧電気の内容を学び、各事業場で整備作業に役立ててもらいたい」と挨拶した。

(全文は整備新聞 令和4年6月10日号:2面に掲載)

岐阜整振・高山東・西支部が今年も無事故・無違反コンテストに参画前のページ

日整連・令和4年度スローガン「気づけるよ 気づかないこと マイカー点検」次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    来年1月から車検証電子化、整備事業者で記録更新など

    令和元年の道路運送車両法改正を機に、整備業界は大きな変化の波に直面して…

  2. 整備関係

    電子制御整備認証、全国の取得率32%に

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得が、全国平均で昨年12月末…

  3. 整備関係

    愛知電装組合・技術向上へエーミング講習を開催

    愛知県自動車電装品整備商工組合(平出晴久 理事長)は6月13日…

  4. 整備関係

    国交省・車輪脱落事故の防止へ調査・分析検討の中間まとめ

    国土交通省は、「大型車の車輪脱落事故防止対策に係る調査・分析検討会」の…

  5. 整備関係

    継続検査OSSの利用、1月実績・愛知で登録車は58%

    来年1月から電子車検証がスタートするのに伴い、指定整備事業者による継続…

  6. 整備関係

    日整連・竹林会長が整備業の夢胸に聖火リレー走る

    東京オリンピックの開催に向けて、三重県自動車整備振興会会長で日…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP