中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知ダイハツと岡崎市が高齢者見守りなどで連携協定

地域で高齢者の安全運転などに取り組んでいる愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は、岡崎市と地域包括ケア推進を目的とした「地域福祉に関する連携協定」を結び、その締結式を6月14日、岡崎市役所で行った。同社は地域貢献活動で県内の自治体と順次提携を結んでおり、岡崎市とは7番目。これまでは高齢者の見守りや安全運転支援などが中心だったが、社会環境の変化を踏まえて取り組みの対象を地域福祉を含む包括ケアの推進とした。

(全文は整備新聞 令和4年6月25日号:3面に掲載)

愛知部品組合が総会で新理事長に田中康裕氏を選出前のページ

電子車検証の記録等事務委託で概要を説明次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知整振・支部が主体で特定整備対応の資格取得講習を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は、今年度からスタートし…

  2. 整備関係

    愛知電装組合・理事会で次期理事長候補に平出氏

    愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一也理事長)は3月15日、…

  3. 整備関係

    大型車・車輪脱落の事故防止対策を強化

    大型車の車輪脱落事故が増加していることから、国土交通省は、「大型車の車…

  4. 整備関係

    愛整振、人材確保の取り組み事例を動画で配信

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)はこのほど、人材確保の取り組み事…

  5. 整備関係

    JU岐阜AA・全国リレーAAに協力、目標上回る出品5480台

    JU岐阜羽島オートオークション(JU岐阜・熊﨑尚樹社長)は10…

  6. 整備関係

    運送事業者の事故対策補助金を11月末まで受付

    国土交通省は、自動車運送事業者などの交通事故防止のための先進的な取り組…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP