中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JAFが自動車関係税のユーザーアンケート調査を行い98%が負担

日本自動車連盟(JAF、藤井一裕会長)は今年も「自動車税制に関するアンケート調査」を行った。今回の結果でも現在の自動車関係税に、ユーザーの98%が負担を感じており、軽減を求めていることが浮き彫りになっている。これに基づいてJAFでは、「過重で不合理な自動車税制の抜本的な見直しによる簡素化と自動車ユーザーの負担軽減の実現」などを求め、2021年度税制改正に関する要望書をまとめている。

(全文は整備新聞 令和2年11月10日号:4面に掲載)

車体関係日産ディーラー内製工場が初めてテュフのプラチナを取得前のページ

ユーザー車検対策「STOP違法整備!!」次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知ダイハツが高齢者の見守りで、扶桑町と協定結ぶ

    地域の安全を守る取り組みを進めている愛知ダイハツ(坪内孝暁社長…

  2. 整備関係

    ロータス愛知が感謝の集いでキャンペーンの報告など

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(水…

  3. 整備関係

    ロータス愛知支部・「女性の集い」に32人が参加し親睦

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(水…

  4. 整備関係

    愛整振・指定6Bが親睦会を開き業界動向など情報交換

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の指定第6ブロック(西・…

  5. 整備関係

    岐阜整振・支部が道の駅でチラシ配布などで点検・整備をPR

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)では、例年、道の駅やスーパー駐車…

  6. 整備関係

    愛整振・港支部がインボイス制度の勉強会と懇親会を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)港支部(鈴木護支部長)は…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP