中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JAFが自動車関係税のユーザーアンケート調査を行い98%が負担

日本自動車連盟(JAF、藤井一裕会長)は今年も「自動車税制に関するアンケート調査」を行った。今回の結果でも現在の自動車関係税に、ユーザーの98%が負担を感じており、軽減を求めていることが浮き彫りになっている。これに基づいてJAFでは、「過重で不合理な自動車税制の抜本的な見直しによる簡素化と自動車ユーザーの負担軽減の実現」などを求め、2021年度税制改正に関する要望書をまとめている。

(全文は整備新聞 令和2年11月10日号:4面に掲載)

車体関係日産ディーラー内製工場が初めてテュフのプラチナを取得前のページ

ユーザー車検対策「STOP違法整備!!」次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    未来考える会、行政と意見交換会を開催

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長…

  2. 整備関係

    愛知電装整備商組が整備士講習など事業報告

    愛知県自動車電装品整備商工組合(平出晴久理事長)は10月11日…

  3. 整備関係

    GTSがダイハツのショールームを開設し新展開へ

    指定工場のGARAGE DAISHIN(江南市、GTS・大脇伸…

  4. 整備関係

    愛整振・豊川支部が自動車技術の動向などで研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・豊川支部(近田清隆支部…

  5. 整備関係

    愛知部販協・石川量章会長の就任インタビュー

    今年6月、愛知県自動車部品販売協会の会長に石川量章氏(トヨタモ…

  6. 整備関係

    タイヤのパンク修理など空気充填作業に注意

    日本自動車タイヤ協会(JATMA,東正浩会長)はこのほど、タイヤの空気…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP