中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

日産ディーラー内製工場が初めてテュフのプラチナを取得

車体整備などの監査・認定サービスを行うテュフラインランドジャパン(横浜市、トビアス・シュヴァインフルター社長)はこのほど、阿波日産車体(徳島県板野郡、藤村益子社長)に全国の日産ディーラー内製工場として初のプラチナ認証を発行した。(写真)プラチナ認証は、鈑金塗装工場向けのテュフ(TUV)認証の最高基準のカテゴリーとなっており、大型のボディーサーズも含めたハイエンドな欧州車の車体修理を想定し構築されたもので、アルミの適切な作業環境や水性塗料の使用、詳細な品質管理体制等が認証条件に含まれている。

(全文は整備新聞 令和2年11月10日号:3面に掲載)

監査・認定のテュフラインランドジャパンが「ロードサービス・テュフ認証」を開始前のページ

JAFが自動車関係税のユーザーアンケート調査を行い98%が負担次のページ

関連記事

  1. 車体関係

    車体整備関係

    岐阜車協が総会で平野理事長を再選

    岐阜県自動車車体整備協同組合(平野将告理事長)は5月23日、整備振興会…

  2. 車体関係

    車体整備関係

    中部5県車協総会・特定整備対応など計画

    中部各県の自動車車体整備協同組合は、5月下旬から6月上旬にかけて通常総…

  3. 車体整備関係

    中部車恊連・車体整備士講習など積極化

    中部5県の車体整備協同組合で構成する中部地区自動車車体整備協同…

  4. 車体関係

    車体整備関係

    特定整備認証取得が中部でまだ1割にとどまる

    今年度から特定整備制度がスタートし、車体整備事業も電子制御装置整備の認…

  5. 車体整備関係

    加藤鈑金がテュフ認証プラチナを取得、品質レベルを「見える化」

    指定工場の加藤鈑金整備(加藤多賀志社長)はこのほど、テュフ(T…

  6. 車体関係

    車体整備関係

    岐阜車協・保険金で産廃処理費の支払い問題「裁判で決着」の考え固める

    廃部品などの産業廃棄物を適正処理する環境保全に取り組む岐阜県自動車車体…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP