中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知ダイハツの社員が持ち寄りフードドライブを実施

地域社会の貢献活動に力を入れている愛知ダイハツ、ADWホールディングス(坪内孝暁社長)は、SDGs活動の一環として社員を対象にフードドライブを実施、6月14日に名古屋市のフードドライブ窓口「環境学習センター(エコパルなごや)」に社員が食品を持ち寄った。食品は名古屋市よりセカンドハーベスト名古屋を通じてフードバンク活動団体や福祉施設などに寄付される。(写真)フードドライブは、家庭にある手つかずの食品を持ち寄り、まとめてフードバンク活動団体などに寄付する活動で、家庭の食品ロス削減につながるとともに、食べ物が必要な人に届けることができる取り組み。

同社は、昨年6月に「SDGs推進チーム」(谷口由美子チームリーダー)を設置し、社員個人が気軽に参加できる取り組みとして「フードドライブ」を今回初めて実施した。

(全文は整備新聞 令和4年7月10日号:3面に掲載)

愛知部販協が総会で講演会など事業計画前のページ

愛整振・中川支部が総会で、OBD検査に向けて講習会など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重整振・総会で竹林会長を再選、業界の使命を訴える

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は6月4日、津駅前のホテ…

  2. 整備関係

    愛知の昭和支部が書面総会で研修会など事業計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の昭和支部(早川裕司支部長)はこ…

  3. 整備関係

    JU岐阜が1月21日から県下一斉「JU岐阜ショップの日」を展開

    岐阜県中古自動車販売商工組合(JU岐阜・横山隆仁理事長)は1月…

  4. 整備関係

    愛整振青年部会がリモート例会開き意見交換など

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の青年部会(池内章雄部会…

  5. 整備関係

    岐阜人材連絡会、来年度も多彩に整備士をPR

    産官学が連携して県レベルで整備士の確保・育成に取り組む「岐阜自…

  6. 整備関係

    三重・鈴鹿組合がコロナ感染予防で体温測定器を設置

    鈴鹿自動車整備組合(田中淳一理事長)はこのほど、コロナウイルス…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP