中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知ダイハツの社員が持ち寄りフードドライブを実施

地域社会の貢献活動に力を入れている愛知ダイハツ、ADWホールディングス(坪内孝暁社長)は、SDGs活動の一環として社員を対象にフードドライブを実施、6月14日に名古屋市のフードドライブ窓口「環境学習センター(エコパルなごや)」に社員が食品を持ち寄った。食品は名古屋市よりセカンドハーベスト名古屋を通じてフードバンク活動団体や福祉施設などに寄付される。(写真)フードドライブは、家庭にある手つかずの食品を持ち寄り、まとめてフードバンク活動団体などに寄付する活動で、家庭の食品ロス削減につながるとともに、食べ物が必要な人に届けることができる取り組み。

同社は、昨年6月に「SDGs推進チーム」(谷口由美子チームリーダー)を設置し、社員個人が気軽に参加できる取り組みとして「フードドライブ」を今回初めて実施した。

(全文は整備新聞 令和4年7月10日号:3面に掲載)

愛知部販協が総会で講演会など事業計画前のページ

愛整振・中川支部が総会で、OBD検査に向けて講習会など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    自動車盗難 1件当たり被害額が増加

    自動車の盗難防止対策に取り組んでいる日本損害保険協会(損保協)は、今年…

  2. 整備関係

    中日本短大、卒業式で留学生含め228人が巣立つ

    神野学園(山田弘幸理事長)の中日本自動車短期大学(加茂郡坂祝町…

  3. 整備関係

    危機管理の強化など:坪井史憲・中部運輸局長

    あけましておめでとうございます。新たな年を迎え、謹んで年頭のご挨拶を申…

  4. 整備関係

    経産省のコロナ禍対策「事業復活支援金」申請は5月末まで

    経済産業省では、中小法人や個人事業者を対象にコロナの影響を受けた事業の…

  5. 整備関係

    故坪内恊致氏の「お別れの会」11月10日に名古屋で開催

    愛知ダイハツ・ADWホールディングス(坪内孝暁社長)と愛知県自動車整備…

  6. 整備関係

    愛知整備商工・総代会、川村理事長再選し組織力活かし共同経済事業を

    愛知県自動車整備商工組合(川村保憲理事長)は6月11日、ミッド…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP