中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

中部車協連が講習会などで情報交換

中部地区自動車車体整備協同組合連絡協議会(会長・金原正和愛車協理事長)は6月24日、Webで第44回協議会を開き、本年度の高度化車体整備技能講習会や車体整備士講習(二種養成)の取り組みなどについて情報交換した。会議には各県組合理事長、事務局責任者のほか、岐阜と三重から日車協連委員、また6月末で組合解散を決めた静岡から理事長、専務理事が途中参加、中部車協連としての静岡への対応について意見交換した。

(全文は整備新聞 令和4年7月10日号:3面に掲載)

日車協連が総会で高度化講習など事業計画前のページ

CAA新社長に斉藤啓太顧問が就任次のページ

関連記事

  1. 車体整備関係

    JU岐阜組合が総会で組合員の認知度アップなど計画

    岐阜県中古自動車販売協会並びに同商工組合(JU岐阜・横山隆仁会…

  2. 車体整備関係

    中部車恊連が特定整備への対応など情報交換

    中部5県の車体整備協同組合で構成する中部地区自動車車体整備協同…

  3. 車体整備関係

    中部車恊連、特定整備への対応など情報交換

    中部5県の車体整備協同組合で構成する中部地区自動車車体整備協同…

  4. 車体整備関係

    静岡車協が保険対応をテーマに西部地区でも経営セミナーを開催

    静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)は10月23日、静岡県自…

  5. 車体関係

    車体整備関係

    特定整備認証取得が中部でまだ1割にとどまる

    今年度から特定整備制度がスタートし、車体整備事業も電子制御装置整備の認…

  6. 車体整備関係

    静岡車恊が総会で「6月末で組合解散」承認、46年の歴史に幕下ろす

    静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)は5月22日、県…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP