中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・守山支部が総会で地域密着の安全活動や点検促進を計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の守山支部(鵜飼昌治支部長)はこのほど、名古屋市中区の名古屋観光ホテルで定時総会を開き、新年度の事業計画を決めた。昨年度は、地元警察と協力してナンバープレート盗難防止ネジの取り付けを実施。新年度は地域に密着した事業活動を展開するとともに、会員事業場の経営強化に向けた活動に取り組む。

(全文は整備新聞 令和4年8月10日号:3面に掲載)

 

愛車協が理事・支部長の合同例会で業界動向など意見交換前のページ

愛整振・高浜支部が総会で無料点検や情報交換など計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部運輸局・遠隔操作の自動運転許可

    中部運輸局が全国で初めて認可した遠隔型自動運転システムによる自動運転車…

  2. 整備関係

    愛知で春の交通安全県民運動を展開

    自動車関係団体も参画する愛知県交通安全推進協議会(会長・大村秀…

  3. 整備関係

    整備需要動向調査で売上高DIが急改善し4年ぶりにプラス

    コロナ禍の影響を受けながらも、車検台数の伸びなどに支えられ自動車整備業…

  4. 整備関係

    愛整振が2月14日にフロントマン研修を開催

    愛整振は今年度も2月14日、小牧教育センターでフロントマンレベルアップ…

  5. 整備関係

    大型車・車輪脱落の事故防止対策を強化

    大型車の車輪脱落事故が増加していることから、国土交通省は、「大型車の車…

  6. 整備関係

    新春放談:川村保憲愛整振会長~技術革新に対応し「整備力」さらに

    2022年がスタートしました。我が国ではようやく、新型コロナウ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP