中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

日車協連・材料代の実態調査で、塗料など仕入れ値大幅増

諸物価高騰が続く中、日本自動車車体整備協同組合連合会(日車協連)は昨年秋、組合員に対し「材料代の実態調査」を行い、このほどその結果をまとめた。この調査は、塗装などにおける材料代の仕入れ価格高騰を、適正な価格に転嫁できる環境の構築や、対外的な交渉につなげていくことなどを目的に実施し、全国の組合員3,016事業場(75・6%)から回答を得た。集計結果について、調査研究委員会で考察を加えている。それによると、「主にどの塗料メーカーを使っているか」では、国産主要メーカー(日本ペイント、関西ペイント、ロックペイント、イサム塗料)が合計で77%を占めた。「2010年から約12年間で塗装材料の仕入れ価格は何回値上がりしたか」では、3回が23%、4回が24%、それ以上が27%あった。

(全文は整備新聞 令和5年4月10日号:3面に掲載)

整備需要動向調査で売上・入庫DI改善、コロナ禍の影響薄れる前のページ

中部の車体組合で特定整備の認証取得が進む次のページ

関連記事

  1. 車体整備関係

    中部車協連が講習会などで情報交換

    中部地区自動車車体整備協同組合連絡協議会(会長・金原正和愛車協理事長)…

  2. 車体整備関係

    岐阜車協・協議会で組合と賛助会員が意見出し合う

    岐阜県自動車車体整備協同組合(平野将告 理事長)は第12回賛助…

  3. 車体整備関係

    愛車協・平岩晃一新理事長インタビュー

    愛知県自動車車体整備協同組合の新理事長に、5月の第19回通常総会で平岩…

  4. 車体整備関係

    高度化講習を定期化:小倉龍一日車恊会長

    あけましておめでとうございます。2022年の新春を迎えるにあたり、所信…

  5. 車体整備関係

    静岡車恊・日車協連を脱会へ

    静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)が昨年12月、全国団体で…

  6. 車体整備関係

    静岡車恊が総会で「6月末で組合解散」承認、46年の歴史に幕下ろす

    静岡県自動車車体整備協同組合(土屋忠士理事長)は5月22日、県…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP