中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

車体整備関係

 

車体整備関係

愛車協・合同会議で研修会など内容検討

愛知県自動車車体整備協同組合(平岩晃一 理事長)は7月11日、名古屋市中区金山の日本特殊陶業市民会館会議室で、第34回教育委員会(飯島圭一 委員長)と第39回事業委員会(戸澤武治委員長)の合同会議を開き、本年度の委員会活動の内容などを決めた。

(全文は整備新聞 令和5年8月10日号:3面に掲載)

岐阜車協・フロントマンスキルアップ事業などの展開討議前のページ

愛車協・指数対応単価で情報共有、伊藤渉議員も出席次のページ

関連記事

  1. 車体整備関係

    エイニーズガレージが窒素ガス発生器付きプラ溶接機を発売

    エーミング事業を展開するエイニーズガレージ(愛知県稲沢市、藤本明治社長…

  2. 車体整備関係

    愛車協が理事会で教育事業など重点に計画

    愛知県自動車車体整備協同組合(金原正和理事長)は4月26日、愛知県自動…

  3. 車体関係

    車体整備関係

    中部5県車協総会・特定整備対応など計画

    中部各県の自動車車体整備協同組合は、5月下旬から6月上旬にかけて通常総…

  4. 車体関係

    車体整備関係

    特定整備認証取得が中部でまだ1割にとどまる

    今年度から特定整備制度がスタートし、車体整備事業も電子制御装置整備の認…

  5. 車体整備関係

    愛車協・理事会で組合員の実態調査などについて審議

    愛知県自動車車体整備協同組合(平岩晃一 理事長)は11月10日…

  6. 車体整備関係

    中部車協連が協議会で次期会長も愛知から選出

    静岡を除く中部四県の車体整備協同組合で構成する中部地区自動車車…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP