中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

バンザイ・名古屋トレーニングセンターを開設

大手整備用機械工具商社のバンザイ(柳田昌宏社長)はこのほど、岐阜市旭見ヶ池町にあるツールプラネット社の隣接地に名古屋トレーニングセンターを新設した。これまで、名古屋支店は併設のトレーニングセンターがなく、長年、セールス勉強会やサービス講習会の開催には苦慮していたが、岐阜市にトレーニングセンターを開設することで、名古屋支店を中心に活用が期待されている。すでに昨年10月から各種研修会などで使用しており、今後は地域の整備事業者などに最新機器を活用した研修会などを計画している。

(全文は整備新聞 令和6年1月10日号:12面に掲載)

岐阜整振・児童画の作品展示会に2日間で867人が来場前のページ

2月9日に三重整振が人材確保・育成セミナーを開催次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    特定整備の取得、中部平均で全工場の10%に!

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得ペースが上がってきた。と…

  2. 整備関係

    愛知のユーザー車検は減少幅がやや拡大

    継続車検市場がマイナスに転じる中、ユーザー車検も前年比で減少が続いてい…

  3. 整備関係

    中部の整備工場数、新規認証が再び増加

    7月に入り、中部地区で整備事業の新規認証が再び急増してきた。中部運輸局…

  4. 整備関係

    諸川慎治・自動車技術安全部長の就任インタビュー

    国土交通省の6月21日付人事異動で、中部運輸局自動車技術安全部…

  5. 整備関係

    愛知の中川支部が総会で会員の交流や研修などを計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の中川支部(大矢英憲支部長)はこ…

  6. 整備関係

    愛知・岡崎支部がイベントに参画して4回目の点検教室

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の岡崎支部(横山陽一 …

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP