中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部4月工場数・静岡で廃止が大幅増

中部の整備工場数は、3カ月ぶりに廃止が新規を上回った。中部運輸局がまとめた管内(五県)の認証・指定工場数及び新規・廃止状況によると4月は認証の新規が21件、廃止が29件となり、廃止が新規を上回った。これにより、4月末現在の中部の整備工場数は13,222工場となり、前年同期に比べて58工場増加した。

(全文は整備新聞 令和6年5月25日号:3面に掲載)

6月は「不正改造車を排除する運動」を展開前のページ

愛整振・刈谷支部が総会で点検整備や防犯活動などを推進次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重運輸支局・自販協が優良事業者などの表彰行う

    三重運輸支局・三重県自動車販売協会・同自動車販売店交通安全対策…

  2. 整備関係

    三重整振・行政との意見交換など報告

    三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)は5月20日、津市の振…

  3. 整備関係

    中部各県の振興会キメ細かくOBD検査・確認の説明会

    中部地区の整備振興会では、来年10月からスタートする検査用スキ…

  4. 整備関係

    新しいNGKスパークガールに井上みづなさんを起用

    日本特殊陶業(本社・名古屋市、川合尊社長)は、2021年度の「…

  5. 整備関係

    車検証の電子化で移行期の業務切迫など対策検討

    車検証の電子化が来年1月(軽自動車は令和6年1月)から始まり、現行の紙…

  6. 整備関係

    岐阜・人材連絡会で高校生の体験学習もアピール

    岐阜自動車整備人材確保・育成連絡会(会長・田中秀一岐阜運輸支局長)は5…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP