中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

国交省「STOP違法整備!」整備委託先をアンケート調査

国土交通省は今年度も、自動車の分解整備を違法に行う事業者の情報収集を行うとともに、ユーザーへの周知・啓発のため自動車整備の委託先に関するアンケート調査を実施している。今年度は昨年11~12月に車検を受検したユーザーで、車検申請時に点検整備記録簿を提示し、なおかつ受検形態が「その他(使用者以外の者により受検が代行された場合)」のものから無作為に抽出した約95,000人を対象に、今年2月下旬にアンケートを送付した。3月中旬までに回収することとしている。

(全文は整備新聞 令和2年3月10日号:4面に掲載)

特集シリーズ特定整備:依頼先で交換が大半のガラス業界前のページ

岐南西支部が総会で事業計画を決め伊藤支部長を選出次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    中部で初、愛知運輸支局で継続車検のOSS申請が自動出力機で交付

    継続検査OSS申請を行う利用者の利便性向上を目的に愛知運輸支局…

  2. 整備関係

    中部運輸局で整備士など事業功労者表彰

    中部運輸局は10月21日、名古屋市中区の中部運輸局(名古屋合同…

  3. 整備関係

    ロータス愛知が春のキャンペーンで目標必達に気勢

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(小…

  4. 整備関係

    課題を乗り越えて時代へ!

    令和3年がスタートした。コロナ禍で先が見通せない。まずは、一刻も早くコ…

  5. 整備関係

    岐阜整備商工・総代会、組合員の経営基盤強化など計画

    岐阜県自動車整備商工組合(國枝功理事長)は6月12日、令和三年…

  6. 整備関係

    愛知の豊田支部が指定ブロックと合同で定期総会を開催

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊田支部(杉浦直人支部…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP